Publisher:
drop around
-
Last update:
2019.10.15
つくる・はたらく
MANUFACTURE & WORK
ON WEB
2019年、令和元年の秋に3枚目のアルバム「Letter」をリリースした、音楽家・里花さん。新作「Letter」の発売記念の区切りに、普段、唄の旅とライブ以外でメディア等に出ることがない里花さんに、改めて「唄うこと、音楽と共に在ること」について聴いてみました。前編でお話してくれたのは、唄う今を支えるはじまりの頃のこと、山梨の森のこと、唄が持つ力といのちのこと。
2017年11月1日から7日まで、札幌・桑園のショップギャラリーM&Wでは2回目となるPicnika・津留慎太郎さんの古道具展「東欧のフォークロア」を開催します。津留さんを紹介すると、旅のかけらや100年以上前から続く暮らしのかけらを集めている人…となるでしょうか。津留さんがつくっているのは「東欧の空気」なのかもしれません。今回は、Picnika店主・津留さんがどうして東欧のアンティークや古道具のお店をはじめたのか、東欧の魅力、旅の楽しみについても伺いました。
2019年、令和元年の秋に3枚目のアルバム「Letter」をリリースした、音楽家・里花さん。新作「Letter」の発売記念の区切りに、普段、唄の旅とライブ以外でメディア等に出ることがない里花さんに、改めて「唄うこと、音楽と共に在ること」について聴いてみました。後編では、ハレの場であるライブのこと、ライブを支えてくれる相棒の2本のギターの話、新作「Letter」を紡いでいった日々の心模様、唄が持ついのちのことを語っていただきました。