「DRAWER」 2019.02.07.now on sale!

2019.02.07

ひきだし、という名まえのついたライフスタイル誌があと数時間で発売されます。
某amazon様を覗いたら、広告らしい広告も出ていないのに
予約でライフスタイル雑誌ジャンルで2位に!嬉しい✨✨
DRAWERがんばれ〜。売れてくれ〜。
皆さま、どんどん本屋さんでもネット書店でも買って読んで下さい❗️
1冊まるまる、drop around 青山 剛士がアートディレクション&デザインを担当させて頂いております。

出来ることならば、リアル書店で是非ページをめくって見て欲しいです。
一度扉を開けてもらえば、きっとじっくり読んでもらえる、買って帰ってもらえるのでは、
な1冊に仕上がっていると自負しております。
表紙の写真も、カバー写真のうしろにひいたグレーベージュも本当に良いです。

DRAWER編集チームさんたちは、普段プラスワンリビングという季刊誌を忙しく編集されています。
本誌プラスワンリビングは、105号を機にリニューアル。
(+1Livingアートディレクション&デザインを担当されているtentoさんのデザイン最高です。ファンです。)

DRAWERは+1Livingの別冊、少し上の大人世代へのムックとして生まれました。
少数精鋭のチームによる住まい手、暮らし手への密な取材によるライティングワークは素晴らしく、読み応えがあり、写真もとりどりに美しくその世界を伝えてくれています。
そしてなにより、DRAWERに登場されている方たちの暮らしの在りようとお姿が格好いいのなんの。
地に足のついた人生の諸先輩方のライフスタイルを、煽ったり盛ることもなく静かに、時に愉しく、その佇まいを伝えている雑誌だと思います。
何度でも繰り返し読んで頂きたいです。
後追い感のない人選も新鮮に映るのではと。

デザインの仕事をする前から、小さな頃から本が好きで雑誌ももちろん大好きで、
貪るように読んで来て今があります。
美大やデザイン事務所を経たことのないdrop aroundにとっては、
いつでも国内外の本や雑誌がデザインのお手本で先生でした。
ネットがあってもSNSでどんなにたくさんの人と繋がれても、本から得たものは計り知れず、
人生の相棒のような存在です。
ネットを断つのはあんがい安らかだけど、本が読めなくなったらけっこう死にそう。
ウィーラブブックフォーエバー!!

こうして大好きな本や雑誌の作り手側にまわれるようになったことが、本当に嬉しいです。
デザインしたの、相方ですけれども。
そんな訳でうちのグラフィックデザイナーは、
昨年末はDRAWER(雑誌)とカレー(ハマっている模様)ばかりをつくっていました。

我が子以上に(?)かかりきりで、ヨシヨシと愛と時間を注ぎまくり
丹精込めてつくりはたらいておりました。
表紙だけでなく中身もすっごく良い雑誌なので、引き続き少しずつご紹介させて下さい。
もちろん紹介する前に買って読んでもらえたら最&高でございます。
DRAWER、ヒトツよろしくお願い致します🙏✨
.
.
大人世代の+1Living
【DRAWER】
自分らしく、暮らしを楽しむ
.
主婦の友社
2019年2月7日発売
ISBN978-4-07-436648-4
全国各書店、ネット書店で販売中

アートディレクション&デザイン
青山 剛士(drop around)
.
編集デスク
東明高史(主婦の友社)
.
編集
高橋由佳
多田千里
.
編集アシスタント
坂東瑠生
.
校正
荒川照実
佐藤明美
.
広告
北嶋亮太
滝川真琴
.
表紙写真
清永洋