2018年あけましておめでとうございます。
2018.01.03
Wed
Note |

あらためまして、2018年、明けましておめでとうございます。
やっぱり寒い。寒いよ北国。
お正月いかがお過ごしですか。今日までがお休みという方も多いでしょうか。
M&Wも明日1月3日から始動、いつもは1日から10日までの営業なのですが、三が日に営業してもまあ多分誰も来ないですよねってことで、4日から10日までの7日間開店致します。毎日10時から18時までの時間開けております。7日間毎日開いてますので、是非お年玉握りしめて(お年玉って何歳までもらえるんですか。いいなー)ご来店下さいね。
2018年もデザインレーベルdrop aroundならびに札幌の店舗M&Wを、どうぞよろしくお願い致します。

さて。M&Wと自宅の新年のお正月飾りは、設計事務所トロッコのおふたりが札幌市内ではじめたはかり売りのお店で受注販売されていた村上仁美さんによる稲穂のお飾りです。
ひと目見て惚れ込んでしまい、店用と自宅用ふたつ注文。
お米って、稲穂って美しい。美しいね(だいじなので2回)。
自分のルーツが米農家であることも関係してるかもしれませんが、娘の名前にも凪穂(なぎほ)とつけたくらいで、稲穂は日本の美しい原風景だなあと思います。
3.11の数ヶ月後に産まれた娘の名には、穏やかで本当の意味で豊かな未来や景色の美しさを込めました。
食べるのに困らないように、たくさんの人と「たべる、生きる」を分かち合いながら歩いていけるように、という願いも含んでます。
だから、稲穂見るだけでなんかぐっと来てしまうのよね。
まっすぐに、目と心に飛びこんでくる美しいお飾りだなあと思います。
トロッコさん、村上さん、どうか来年も販売してくださいね。またはワークショップで一緒につくらせてほしいなー。なんて勝手なリクエストものっけておきます。

毎日、は止まらずに次から次へとやってきて、時々疲れ果ててうへーとなりますが、止まらないことの奇跡と平等さに感謝して、あたらしい区切りを越えて進んで参りましょうか。
明日からまたつくるはたらく日々ですね。