Publisher:
drop around
-
Last update:
2019.05.23
つくる・はたらく
MANUFACTURE & WORK
ON WEB
2017年11月1日から7日まで、札幌・桑園のショップギャラリーM&Wでは2回目となるPicnika・津留慎太郎さんの古道具展「東欧のフォークロア」を開催します。津留さんを紹介すると、旅のかけらや100年以上前から続く暮らしのかけらを集めている人…となるでしょうか。津留さんがつくっているのは「東欧の空気」なのかもしれません。今回は、Picnika店主・津留さんがどうして東欧のアンティークや古道具のお店をはじめたのか、東欧の魅力、旅の楽しみについても伺いました。
絵日記の作者なぎほは、今年の春に大きな町さっぽろから、小さな町トーヤに引っ越してきた小学1年生の女の子。運動系・文化系の習い事にどうやら興味無し。ならば家の中でできること、お手伝いしてもらいながら、生活を自分でつくっていく手助けにもなる何かはないか?と考えて、毎日の夕ご飯の1品をつくってもらうことに。 という訳で、「たまごやき、はじめました。」
北国・札幌を拠点に木の器やカトラリー、そして小さなツリーcogu no moriをつくられているcogu /小具さんに会いに、こうばをお訪ねしました。1本1本を丁寧につくりとどける、たしかな職人仕事と、それを支え伝える、coguさんならではのつくる・はたらくの姿も見えてきました。