nagif?

2019.11.11

dropが開拓中の「青い山」で我が家の娘が焚き火の道具としてつくった
ナイフのような
ヘラのような
剣のような
なんなら出土品?のような
呼び名のない古いけどあたらしい道具。

娘用、ママ用、父ちゃん用❗️と、それぞれ専用のものをつくってくれました。
(写真のは私のとオット用)

造形のジャンルが古代人のようですが、
よく乾いた板をさらに焼いて、ひたすらやすりがけをしてこんなものをつくる、
このひと格好いいなーと思いました。
ねえ、なんかの職人なの?

凪穂(なぎほ)がつくったナイフみたいな何か、なので
我が家では、これを「なぎふ」と呼ぶことにします。

関連する記事